UVカット / 飛散防止 / 防虫対策

日焼け、色褪せをふせぎたい|紫外線カット

太陽からの有害な紫外線(UV)は、日焼けやシミ・ソバカスなどの原因となり、悪くすると皮膚炎や皮膚ガンなどを引き起こすと言われています。 また紫外線(UV)は、大切なお部屋の家具やカーペット・フローリングなどの日焼け・色あせなど劣化の原因にもなります。

 

有害な紫外線を99%以上カット

紫外線カットフィルムは有害な紫外線(UV)を99%以上カット。肌や家具・フローリングを有害な紫外線(UV)から守ります。紫外線による色あせを軽減させるので、路面店の窓ガラスにも採用されています。

ガラスフィルムの構造

強力な難破断性能を持つ透明なポリエステルフィルムと特殊粘着材の組合わせによって、ガラスが破壊した場合にもその破片の脱落・飛散を防ぎます。

この構造により
1.紫外線を99.9%以上カットし家具などの色あせ防止、肌や目の健康を紫外線から守ります。
2.万が一ガラスが割れても飛び散らない飛散防止機能があるので、地震対策や、物があたったりした場合の事故によるけがを防ぎます 。

紫外線カット検証実験

紫外線は目に見えないので、UVチェッカーを用いて紫外線カットの実証をおこないました。

 

 

ガラスが割れても、飛び散らない|飛散防止

地震や台風などの災害で強い衝撃や強風で割れたガラスは、鋭い破片となって辺り一面に飛び散ります。
割れたガラスの破片が直接当たる被害だけでなく、避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性もあります。

万が一の災害時でも安心

飛散防止フィルムなら万が一ガラスが割れてもガラス破片の飛散を防止し、ケガなどの二次災害の危険を防ぎます。

飛散防止効果|検証実験

こちらの動画は、ガラスフィルムメーカー「スリーエム社」による飛散防止フィルム効果検証の実証動画です。

弊社は、スリーエム社の全商品を取り扱っており施工する全てのフィルムに、飛散防止機能が備わっています。

 

 

イヤな虫を寄せつけない|防虫フィルム

防虫フィルムと呼ばれるフィルムは、防虫対策に特化しています。

紫外線に集まる虫を減らす

飛来虫の多くは、照明から出る紫外線に反応し集まってきます。
防犯フィルムは、虫が反応する紫外線領域だけをカットすることで、紫外線に集まる飛来虫を大幅に減らします。

窓ガラスフィルムの標準機能も搭載
目に見える光(可視光線)はカットしない透明タイプなので、見た目や明るさを損ないません。
さらに、JIS規格の飛散防止性能をあわせもつので、地震や物の衝突でガラスが割れても安心です。

紫外線に反応しない虫にも

サンゲツ社の「ムシアウェイ」は、フィルム自体に防虫効果のあるピレスロイド系防虫成分を練り込んでいます。
この薬剤の効果で、紫外線ではカバーできない「蚊」「ハエ」「ノミ」「アブラムシ」などの虫を寄せにくくする効果があります。

防虫フィルムがオススメな場所

飲食店、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどをはじめ、マンションのエントランスや住宅の窓にもおすすめです。

防虫効果が見込めるフィルム

サンゲツの「ムシアウェイ」やスリーエムの「ムシクリアー」があり、どちらのフィルムも飛来虫の好む紫外線の波長をカットします。

※ご注意 |ムシクリアー等の防虫効果のある製品は、走光性のない昆虫には効果がありません。また、環境によって防虫効果に違いがあります。
フィルムの防虫効果は防虫対策の一助としてご活用ください。