窓ガラスの種類

窓ガラスにはたくさん種類あり、中にはガラスフィルムが貼れない形状もあります。

ここでは、代表的な窓ガラスの形状特徴を紹介します。

フロートガラス(ノーマルガラス)

もっとも一般的な透明ガラス。
熔融金属の上にガラス素地を流し、火造りのまま連続製造されるガラス。
平滑性に優れ、透視像や反射像のゆがみはほとんどない。
このガラスであれば、ほぼ全てに窓ガラスフィルムの施工が可能。

網入りガラス

ガラス中に金網や金属線を入れたもので、別名「防火ガラス」とも呼ばれる。
ガラスが割れた場合にも破片が飛び散りにくいが、飛散防止機能ではない。
透明タイプと型板タイプがある。
大きいサイズは熱割れの危険があるため、事前に確認が必要。

型板ガラス

別名「曇りガラス」ともいわれる。
片面にさまざまな型模様をデザインされ、 透光性を保ちつつ光を拡散させて視線を遮るガラス。
表面に凹凸があり、通常の窓ガラスフィルムは貼ることができない。

すりガラス

視界を遮り光線を取り入れるために、フロートガラスの片面に 摺り加工を施し不透明にしたガラス。
型板ガラスと似ていますが、すりガラスは触るとシャリシャリしています。
型板ガラス同様、通常の窓ガラスフィルムは貼ることができない。

熱反射ガラス

フロートガラスの表面に反射率の高い金属酸化物の膜をコーティングされたガラス。
昼間の屋外からは鏡のように見え、屋内からは普通のガラスと同様に見えるハーフミラー効果がある。
色のついた窓ガラスフィルムを貼ると熱割れリスクがあるため、事前に確認が必要。

Low-E 複層ガラス

2枚のガラスの間(中間層)に、乾燥空気やアルゴンガスを入れて、組み立てられた高性能ガラス。
気密性に優れ、断熱効果が高い。
ガラスとガスの組み合わせによって、性能が変わる。
組み合わせによっては窓ガラスフィルムを貼ると 熱割れの危険性があるため、事前の確認が必要。

ルーバー窓(ジャロジー窓)

ガラスでできた羽状のルーバーを回転させて開閉する窓。
気密性が低く、隙間風が入るので窓辺は寒い。
通常の窓ガラスフィルムは貼れない。

ガラスブロック

中が空洞になった箱型のガラス。
名前の通り、ブロックのように重ねて組み合わせて使われる。
ガラスに凹凸があるため、通常の窓ガラスフィルムだとすぐに剥げてしまう可能性が高い。