遮熱・断熱フィルム

遮熱・断熱フィルム

部屋が暑くなる一番の原因は、窓から差し込む日ざしです。
南向きや西向きの部屋は、室外の温度より5℃以上も高くなることもあります。

遮熱・断熱フィルムなら「夏は涼しく、冬はあたたか」
夏場のジリジリとした不快な暑さをカット。太陽の日射を軽減し、エアコンの効き目が向上。

✔日差しがきつくて、冷房が効かない
✔空調費が毎月高い
✔フローリングや家具を日差しから守りたい
✔日焼けを防ぎたい
✔冬に部屋が寒くて、暖房がきかない
このようなお困りに、遮熱・断熱フィルムは効果的です。

熱の多くは、窓などの開口部から出入りしています

建物でもっとも熱の出入りの割合が大きいのは「窓」。夏場は73%、冬場は58%といわれています。
窓を効率的に遮熱・断熱することで流出入をおさえることができます。遮熱・断熱フィルムは部屋の温度を快適に保ち、同時に空調費を削減します。

遮熱・断熱フィルムの特徴

遮熱 断熱 空調費削減 飛散防止 UVカット 結露軽減

窓に遮熱・断熱フィルムを貼ると、室内の快適さが向上し、節電・省エネ対策にも効果があります。

特徴1.夏は涼しく、冬はあたたかく

遮熱断熱フィルム太陽の日射熱によって室内温度が上昇
窓から差し込む強い日ざしによって冷房が効きにくく、室内の温度が上昇します。
この日射熱を遮断することを「遮熱」といいます。遮熱フィルムを貼ることで、室内の温度上昇を抑えます。
「コールドドラフト」現象で寒さを感じる
室外の冷たい空気にガラスが冷やされ、室内のガラス付近の空気が冷やされ下降気流がおこります。
この気流を「コールドドラフト」といいます。室内の温度下降を防ぐ断熱フィルムは、冷たい外気を室内に伝えにくくすることで室内の温度下降をふせぎます。
質問|どうして断熱フィルムを貼ると、冬はあたたかくなるんですか?
冬の寒い時期、外気の冷気により部屋の暖気が冷やされて部屋が寒くなります。部屋の暖気は窓ガラスを通じて冷やされてしまうので、断熱フィルムによって暖房熱を外に逃がしにくくします。

特徴2.空調費削減に効果的

フィルムが室温を保つので、エアコンの効果を最大化し空調費を削減します。遮熱・断熱フィルムには数種類あり、どのフィルムを選ぶかで省エネ効果に変化があります。
住友理工株式会社が開発する「リフレシャインTW36A」なら、
冷房期(夏場)で約20%
暖房期(冬場)で約30%
年間で、約23%の省エネ効果が実証
されています。

Refleshine|リフレシャイン

特徴3.目隠し効果

金属膜を使用したミラー系のフィルムは、マジックミラーのような効果で外からの視線対策に効果を発揮します

特徴4.飛散防止と紫外線カット

窓ガラスが割れてしまっても、ガラスが周りに飛び散らないから安全。
台風や地震などのさいにも、二次災害を防ぎます。

シミそばかすの原因となる紫外線を99%以上カット。
家具やフローリングの日焼けや色褪せなども軽減させる効果があります。