タワーマンションにも最適。これぞ最高品質「スリーエムNanoシリーズ」

ミラーフィルムの反射がNG…

こんにちは、窓ガラスフィルム施工技能士のミハラです。

ミラー系の遮熱フィルムだと
「反射で近所に迷惑がかかる」
「ギラギラして景観を損ねる」
と、周りを気にしていませんか?

たしかに遮熱フィルムといえば
金属膜を使用したミラーフィルムが一般的です。

ミラーフィルムは、コストが安くて効果が高いので
多くの窓ガラスフィルム施工会社がミラーフィルムを提案します。

しかしミラーフィルムは
①反射が強くてギラギラする
②携帯電波の遮断する
というデメリットがあります。

マンションの”景観を損ねる”という理由から
マンションの規約で施工できないこともあります。

そんな理由もありミラーフィルムは
タワーマンションでほとんど使われません。

でも、タワーマンションは暑いので
「暑さ対策のフィルムを貼りたい…」
というご要望は多いです。

そこでこの記事では

反射を気にすることなく、遮熱対策ができる窓ガラスフィルム
スリーエムの「マルチレイヤーNanoシリーズ」をご紹介します。

今まで、遮熱フィルムを貼ることができなかった方は
この記事をお読みいただいたのち、
実際に無料サンプルでお試しになってみてください。

タワーマンションなら、Nanoシリーズ一択


紫外線99%カット!
日射熱をカット!

空調効率アップで省エネ効果!
飛散防止!
防虫効果!

金属膜を使用していないから
反射もしない!
電波にも影響ありません!

ご利用者さんの声

タワーマンションのお客様ではありませんが、
お悩みの状況がタワーマンションにお住まいの方とほぼ同じでした。
※お客様のご了承をいただいた上でご紹介いたします。

Nail & Beauty salon「KONOKA ~ 心花 ~ 」さん

落ち着いた雰囲気の明るい店内
大きなガラスが印象的な素敵なサロンさん

経緯

開放感のある落ち着いた雰囲気のサロンさん。
南向きの大きなガラスから差し込む光が、店内を明るく照らしてくれます。
しかし一方で
激しい日ざしの、日射熱紫外線が悩みに…
暑い時期には日射と紫外線を抑えるため、ブラインドを締め切っているそうです。
強い紫外線のせいで、施術中にジェルが固まってしまうことも…
そこで
「窓からの強い日差しと紫外線をカットしたい」
と相談をいただきました。

ご要望

●フィルムが貼ってあるのが分からないように(違和感なく)
●フィルムの隙間ができるだけ目立たないようにしてほしい。
※ガラスが大きすぎて1枚で貼れないので、2枚をジョイントして施工。
ジョイント部は2~3mm隙間を空けるのが一般的な施工。
●紫外線でジェルが固まらないように(UVカット)
●眩しさを抑えたい。でも暗くなるのはイヤ(明るさはそのまま)

KONOKAさんのインスタより

 

View this post on Instagram

 

KONOKA(@konoka4297)がシェアした投稿

【マルチレイヤー Nanoシリーズ】詳しい解説

ここからは
マルチレイヤーNanoシリーズの特徴と機能性について詳しく解説します。

Nanoシリーズは8種類

Nanoシリーズは大きく分けて
「透明タイプ」と「不透明タイプ」に分かれます。

透明タイプ

透明タイプには下記の4種類があります。

・Nano40S
・Nano70S
・Nano80S
・Nano90S

数字が低いほど光を透過する量(可視光線透過率)が少なくなりますが、遮熱性能は向上します。

可視光線透過率についは、コチラの記事で紹介しています。

関連記事

窓ガラスフィルムを貼ると暗くなりませんか? 紫外線カットしたいけど、部屋が暗くなるのイヤ… など、明るさに関してのご質問をよくいただきます。   そこで、窓ガラスフィルムの施工技能士として 1000人以上のお[…]

当社の施工実績数では、圧倒的に透明タイプが多く
その中でもNano70S、Nano80Sが全体の90%を占めます。

この記事では、Nano70Sを中心に解説しています。

不透明タイプ

不透明タイプは下記の4種類
・Nanoマットクリスタル
・Nanoルーチェ
・Nanoミルキーホワイト
・Nanoイルミナ

ご要望として「暑さを抑えながら、目隠しをしたい」「意匠性を取り入れたい」といった場合に、不透明タイプは適しています。

機能性一覧

Nanoシリーズ8種類の機能性は、下記の通りです。

Nanoシリーズの紹介動画

↓大きめの音がでますので、ボリュームにご注意ください。

 

Nanoシリーズの特徴

圧倒的技術力と高い品質

膨大なデータから見る効果

 

施工ができるガラス

ガラスの熱われ

ガラスによってはNano70Sを貼ることで、熱われが起こりやすくなります。
△と✖のガラスは注意が必要です。

熱われについては、↓コチラの記事で解説しています。

関連記事

ガラスの熱割れリスク 何もしていないのに、ガラスが温度差で割れることがあります。これを熱割れといいます。 通常のフロートガラスでは特に問題は無いですが ある特定のガラスは、フィルムを貼ると熱割れのリスクが上がります。(フィルムを貼[…]

Nano70Sを「自分で貼りたい方」へ

Nanoシリーズは最高級のフィルムなので、失敗のリスクを考えると自分で貼るのはオススメしません。

が、それでも

どうしても安くしたい!
自分で貼りたい!

という方へ

私たちフィルム施工業者御用達の材料販売店さんを紹介します。

窓用ガラスフィルム専門店 DIY Helper

Nanoシリーズのフィルムを、
できるだけコストを抑えて貼りたい!という方は

私たちプロも購入している、
窓用ガラスフィルム専門店 DIY Helper(楽天ショップ)
がおすすめ。

おそらく、一般の方が買う場合も、
この店が一番安く買えます

オーダーカットフィルムなら一般の方でも貼りやすいと思います。

 

 

サンプルの請求・ご相談

Nanoシリーズのフィルム無料サンプル請求や、施工に関するご相談は

コチラからご連絡ください。