もう悩まない 窓ガラスの結露問題はこれで解決

冬になると、窓ガラスやサッシ周りに気づいたら水滴が大量にできている、この正体は結露です。

毎日、ガラス周りがビチャビチャになって、頭を抱えている人も多いのではないでしょうか? 見て見ぬふりをして、放置しておくと床がビシャビシャでカーテンにカビが生えたりなど、 長時間放置しておくと家を傷めることもあるみたいです。

そこで今回は、冬の窓ガラスの結露問題の対策方法をご紹介します!

  • なぜ結露ができるのか
  • 結露を放置すると危険
  • 結露を防ぐ工夫
  • かんたん結露対策

をご紹介します。

なぜ結露ができるのか

まず、あの憂鬱な結露はどうしてできてしまうのか、その理由をご紹介します。

結露はできやすい環境があります。
大きく分けて2つあげられます。

  • 室内と外の温度差が大きい
  • 室内の湿度が高い

詳しくご説明します。

■室内と外の温度差が大きい

結露ができる一番の原因がこれです。

室内と外の温度差が関係しています。特に冬は、外が気温10度以下でも、室内の温度は20度以上に温めているということがありますが、この外と室内の温度差が結露をつくりだすのです。

室内の暖かい空気は、外の冷たい空気に冷やされると水滴として発生してしまいます。

■室内の温度が高い

湿度も結露問題の大きな原因となっています。冬場は外の空気が冷たいため、わざわざ窓を開けて換気をすることをあまりしません。特に冬場は窓を閉め切って気づかないうちに湿度が上がってしまっているんです。

冬って空気が乾燥しているのに、湿度があがるのって不思議に感じるかもしれませんが、人が発生させる湿度によって部屋に湿気が溜まりやすくなるのです。飽和水蒸気量を超えると気体から水に変化し、結露として窓ガラスに現れてきます。

その結果、窓に水滴がつきやすくなるということなんです!

結露を放置すると危険

毎朝、毎晩結露を拭いてたらキリがないし、ただの水だから特に放置していても問題ないんじゃない?と思っているかもしれませんが、それはかなり危険です!たしかに、結露で発生した水自体はただの水です。ですがずっと放置していると、ホコリや雑菌と混ざって、カビが発生することがあります。

カビは水分のある場所に発生します。さらに暖かい場所を好むため、一年中温度が一定になっている部屋の窓はカビが生えることが多いのです。結露問題を放っておくと、窓枠の角やサッシのあたりにカビが発生していることがあります。

カビはアレルギー症状を起こすことがあるため、カビのある室内で生活しているとアレルギーを発症してしまうかもしれません。健康に害を及ぼさないためにも、カビを見つけたらすぐに対処するようにしましょう。

また、木造建築の場合、家自体を傷めることにもなりますし、発生したカビはダニを呼び、傷んだ木材はシロアリを呼ぶことになります。

ダニが繁殖してしまうと、人間やペットに移るおそれもあります。

また、ダニはアレルギー性鼻炎などの原因として知られています。ダニに噛まれる以外にも、ハウスダストとして吸い込んでしまうことによって、アレルギーなどが起きてしまうことがあるため、注意が必要です。

目に見えないところでも、結露の被害は様々な場所で発生していきます。

「水滴がつくのを防止し、水滴がついたら拭き取る」

面倒かもしれないですが、これこそがポイントなのです。

結露を防ぐ工夫

何度も言いますが、結露の1番の対策は湿気をなくすことで、当たり前のようですが、除湿機などで除湿をしてあげることも効果的なのです。

置くだけので除湿ができる、市販の除湿剤などでも、しっかり効果を発揮するので、試してみるのもいいですね。

また、冬場は乾燥する時期なので、加湿器を使う方も多いと思いますが使い方によっては結露ができる原因でもあります。

  • 窓の近くに置かない
  • 一晩中加湿器を使わない
  • 弱めのモードで使う

など、なるべく窓に結露ができないように工夫をしてみてください。

かんたん結露対策

結露対策を気軽に済ませたい方にオススメなものを紹介します。

■結露給水テープ

特徴

  • 結露水を吸水、蒸発させ、窓枠・壁・床の汚れや傷みを防ぎます。
  • 両面に柄を印刷しているので、室内だけでなく部屋の外からも柄を楽しむことができます。
  • はがす時ものり残りしにくく、簡単にはがせます。

デメリット

  • 網入りガラスや特殊なガラスに貼るとガラスが割れる場合がある
  • 使用期間が約6ヶ月と短い
  • 暖房器具や加湿器を使うと給水しきれない

■結露取りワイパー

特徴

  • 結露を集めて捨てられるワイパー
  • どれくらい取れたのか分かるので楽しい
  • 誰でも簡単に扱える

デメリット

  • 毎日毎回ワイパーをかけないとダメ
  • 横にしたり、下にしたりすると水が流れる