【簡単】自分で窓フィルムを貼る方法!

※ガラスフィルムは自分で貼ることができます。しかし、ガラスを扱うのでケガをしないよう作業には十分に注意しましょう。

【準備するもの】

  • フィルム
  • メジャー
  • 霧吹き
  • 食器洗いなどに使用する中性洗剤
  • セロハンテープ
  • バスタオル
  • ヘラ(スキージー)
  • ワイパー
  • キッチンペーパー

比較的どれも量販店などで手入れることができます。

【ガラスフィルムの貼り方】

まずは、ガラスフィルムを貼り付ける前に下準備をしましょう。ここで下準備をするとしないとでは、仕上がりに大きな差がでます。

作業場所の確保

施工の邪魔にならないように、カーテン・家具などは事前に移動させておきましょう。

養生作業

貼り付ける際に、水を使用するので床などが濡れない様に養生しましょう。養生テープがあればサッシ部から養生をします。なければビニールシートやバスタオルを敷いて、養生します。

③ 石けん水を作る

作業する際に必要となる石けん水をつくります。霧吹きの中に水と、水に対して2%から3%の中性洗剤を入れて混ぜることで石けん水を作ることができます。※水溶液の濃度が高い場合: スキージーやフィルムが滑って十分な圧着ができません。※水溶液の濃度が低い場合: スキージーの滑りが悪くなり、圧着不良で水残りの原因になります。

④ 窓ガラスの掃除をする

石けん水を使ってガラスを濡らして掃除をします。窓際、サッシ周りのホコリやゴミをキッチンペーパー等を濡らして拭き取り除去します。ゴムベラ、またはワイパーなどで上から下へと滑らせてホコリや汚れを掃除しましょう。ガラス面に硬く付着した汚れは、カッターの刃などを使いガラスを傷つけないように注意して削り落としましょう。ガラスの綺麗さが仕上がりの差に影響するので、念入りに掃除をしましょう。

下準備が終わったら、いよいよフィルムへ貼る作業に取りかかります。

フィルムのサイズを測る

ガラスのサイズを測りカットします。この際、フィルムは縦×横それぞれのサイズより3~5センチほど大きめに切り取るようにしましょう。大きめに切り取った余計な部分は後にカットするので安心してください。

② 窓ガラスを濡らす

石けん水を使って窓ガラス全体を濡らします。水が垂れるくらい多めに吹きかけるようにしましょう。

③ フィルムの剥離紙を剥がす

フィルムの剥離紙を剥がしていきます。同時に剥離紙を剥がした面に石けん水をふきかけます。

※1人で行うのではなく、できるだけ2人で作業した方がいいです。※粘着面は指紋やゴミがつきやすいため、十分に注意し作業してください。

④ フィルムを貼り付ける

フィルムの一番上の両角を江崎で軽く持ち、窓ガラスにフィルムを貼り付けます。左右どちらかの窓にそってフィルム4辺のうち、ガラスとフィルムの位置を合わせる1辺については隙間を2~3mmを確保しましょう。

※手で持つ部分は後でカットするのでフィルムはガラス面より少しカットする部分を上に出して貼るのがポイントです。

⑤ 水と空気を抜く

位置が決まったら、フィルム全体に石けん水を吹きかけ、フィルムがずれないように手で押さえ、フィルムがずれないように注意しながら上下と左右にスキージーを滑らせて空気と水を抜いていきます。

⑥ 余分な部分をカットする

大きめにカットした部分を切り取ります。エッジカットを容易にするため、フィルムの角部を三角形に切断しておきましょう。窓枠に沿ってガラスフィルムに竹ベラなどでカットしやすいようにスジをつけます。定規等の厚みを利用してガラス枠回りとフィルムの端が2~3mmほどの隙間ができるように、カッターナイフでカットします。
※水抜きのため、フィルムの端と窓枠は必ず数ミリの隙間をあけてください。 2~3mmのエッジスペースがあっても飛散防止効果には影響ありません。

⑦ 仕上げをしましょう

最後の仕上げとして、フィルムに石けん水を吹きかけて水抜きをしていきます。この時、枠周りに押し出された水は再度フィルム内に戻らないよう、キッチンペーパーなどで吸い取ります。※ゴミ等が入っていないか、フイルムを貼ったガラスを外側から見て確認しましょう。ガラスのサイズが大きい場合1人では困難な作業もあるのでできるだけ2人以上で行った方がいいでしょう。

【注意すること】

フィルムは薄く、作業中に手を切らないように注意しましょう。完成直後はまだ水溶液が多少残り、フイルムの色も透明度も悪く見えますが、1~2週間で徐々に水分もなくなり、乾燥後は完全に濁りも消えていきます。その間は強くこすったりすると、破れたり剥がれやすいため注意が必要です。完全乾燥後のお手入れは、水または洗剤を薄めやわらかい布などに付けて使用してください。硬い物でこするとキズがついたり透明度低下の原因になります。ガラスフィルムには粘着テープやステッカーなどを直接張ることは避けてください。

【業者に依頼したときの作業時間と費用】

自分でフィルムを貼るのは面倒だし、失敗してしまいそうなので不安・・・という方は業者に依頼するといいでしょう。
・作業時間と費用ガラスフィルムのプロの業者に依頼すると施工前の養生からガラスの掃除まで行ってくれるので、事前に掃除をしておく必要はありません。作業時間は窓ガラスの枚数や作業者のスピードによって異なります。また費用もフィルムの種類で変わります。
また、賃貸住宅など貸し借りの契約がある場合は、事前に管理人や大家さんに相談してみましょう。勝手に施工をしてしまうと、トラブルへつながってしまうので注意しましょう。
・業者の選び方ガラスフィルムのプロの業者を選ぶ際は、業者のホームページや口コミサイト等を調べるといいでしょう。口コミは、実際に依頼した方が評価しているものなので、いいことも悪いことも書いてあることが多いです。参考になるのではないでしょうか。

【まとめ】

ガラスフィルムの貼り方を知ることで、自分でDIYすることも可能です。しかし、ガラスを扱うので取り扱いには十分に注意しましょう。また、自分で作業をする場合はフィルムがグチャグチャにならないか不安な方はプロの業者に依頼するといいでしょう。