防犯対策に防犯フィルム

 
防犯フィルムを貼ると、本当に安全なの?
 
防犯フィルムは警察庁が推奨している防犯対策の一つです。

警視庁発表のデータによりますと、空き巣の侵入手段で多いのは、

1位が「無締り」
2位が「ガラス破り」です。

「無締り」とは、鍵を掛け忘れた玄関、窓等から侵入する手口です。
「ガラス破り」とは、窓ガラスを破壊しそこから手を入れて解錠して侵入する手口で、通常のガラスであれば、わずか数秒で破壊できます。

 

ガラス破りには代表的な3つの手口があります。

1.こじ破り  ガラスの際をマイナスドライバーで差し込む手口(音が少ない)
2.打ち破り  ガラスを割り鍵を開ける手口(音が大きい)
3.焼き破り  ガスバーナーでガラスを焼く手口(音が少ない)


侵入者が嫌うのは「音」と「時間」です。ガラスに効果的な防犯対策を施すことで侵入者を防ぐことができます。
よく見かける「網入りガラス」は、防火ガラスといって火災時のガラス飛散を防ぐ目的で使用されていますので、防犯対策にはなりません。
通常のガラスより割れる音が小さいのでかえって狙われやすいようです。


通常のガラスを防犯ガラスに交換するには、取付ける防犯ガラスの種類や現状の状態、取付けるガラスの枚数により必要になる費用が異なります。
ガラスの厚さや寸法によってもガラス自体の価格も異なってきます。

相場は、1㎡あたりのガラス料金 21,000円~ +取り付け料+その他諸費用 = 40,000円~60,000円

と、かなり高額になってしまいます。

 

そこで昨今、防犯対策のできる防犯フィルムが、コスパが良くて効果的な防犯対策として注目されています。

ここでは防犯フィルムがどのくらい防犯対策として有効か?を解説します。

防犯フィルムの特徴

空き巣対策 震災対策 飛散防止 UVカット
総厚350μm以上のフィルムを防犯フィルムと呼びます。空き巣の被害に合わないために、ぜひやっておきたい最強の防犯対策です。
防犯フィルムには、紫外線カットと飛散防止効果が備わっています。

空き巣や災害対策に有効!バットで殴っても破れない強度

防犯フィルムは既存のガラスを変える事無く防犯対策を行います。焼き破り・こじ破り・打ち破りなどの侵入手段に対し5分以上の耐久効果があります。ハンマーやバットでたたいても容易に貫通しません。

ガラス窓を破壊する時間を長引かせ、ガラス破りによる侵入を防ぎます。透明度を保ちながら、薄い膜を積層し引き裂き強度を強くしているのです。

防犯フィルムの厚み

強度を出すには、フィルムの厚みが必要です。
厚み350μm以上あるフィルムを防犯フィルムと呼びます。

 
この厚みと強度が防犯フィルムの強さです

 

警察庁も推奨「CPマーク付」防犯フィルム

CPマークとは、警察庁や国土交通省によって構成される官民合同会議の試験に合格することによって付与される認定のマーク。空き巣など侵入者の攻撃に5分以上耐えることが実証されている防犯性能の高い建物部品です。

CPマークを貼れるのは資格を持った技術者だけ

防犯フィルムは、施工者の技術によって防犯性能が左右されるので、CPマークは資格を持った技術者による施行の場合のみ貼ることが許可されています。

 

防犯フィルムは導入コストが安い

防犯フィルムは、防犯ガラスへの交換費用の半分程度におさえることができます。

【比較例】防犯ガラスと防犯フィルム

商品名(ブランド) 1㎡あたりの価格(税別)
防犯ガラス(CPマーク付) セキュオ60(日本板ガラス) 23,000円+別途工事費
防犯フィルム(CPマーク付) SH15CLAR-A(スリーエム) 24,000円18,700円(工事費込み)

 

 


空き巣に狙われやすい「場所」

都市防犯研究センターがおこなった、侵入窃盗で逮捕された被疑者への聞き取り調査によると
空き巣は入りやすいところを探すため、侵入する何日も前から入念な下見をおこない「入りやすい家」を探します。

狙われる家には理由がある。泥棒が狙う6つのポイント

一般社団法人 全国防犯啓蒙推進機構によりますと、以下のような家は狙われやすいと言われてます。

  1. 人通りが少ない
  2. 視覚が多い家
  3. 暗がりがある家
  4. 戸締りが甘い家
  5. 住人がだらしない家|ポストに郵便物が溜まっている、不在票から留守の時間帯を割り出される、家の周りが汚い
  6. 防犯意識が低い家|監視カメラ、防犯装置設置マーク、番犬、防犯砂利、センサーライト、補助錠

思い当たる項目がある方は、侵入者を近づけない家づくりをめざしましょう。

休業店舗の空き巣相次ぐ

 

新型ウイルスの蔓延以降、休業中のお店を狙った空き巣犯や住宅侵入者が増えているようです。空き巣被害に遭わないために、日頃から対策を心がけておきましょう。

空き巣の6割以上は窓から侵入

警視庁のデータによりますと、空き巣侵入者の60%以上が窓ガラスを破壊して侵入しています。

出典:警視庁「住宅対象侵入窃盗の侵入口」より

ガラスはいとも簡単に割れるので、狙われやすいんです。

空き巣の侵入方法

こちらは、空き巣の侵入方法の割合です。

空き巣の大半は、ガラスを打破って侵入しています。

気をつけて|こんな窓も狙われやすい

アグネスチャンさんの自宅は2回泥棒被害にあったそうです。泥棒に狙われやすい場所の特徴を特集していました。

引用元:フジテレビ「人生の正解TV」より

 

防犯フィルム価格の目安|スリーエム社

​防犯フィルムは性能別で以下の種類があります。

​Nano80CP|CPマーク表示可能

日射調整フィルムの機能を持たせつつ防犯性能を最大限まで高めた最高級の防犯フィルムです。

設計施工単価 1㎡あたり 31,000円(材料費・施工費込み)

ULTRA S2200|CPマーク表示可能

薄い膜を多数積層することで、さらに厚みを増した最上位の防犯フィルムです。

設計施工単価 1㎡あたり 27,500円(材料費・施工費込み)

​SH15CLAR-A|CPマーク表示可能

一般的なガラス用防犯フィルムとして、お求めやすくご使用可能な製品となっております。

設計施工単価 1㎡あたり 24,000円(材料費・施工費込み)

その他

CPマークは表示できませんが、2種類の「薄膜積層フィルム」があります。

 ULTRA S600

設計施工単価 1㎡あたり 19,000円(材料費・施工費込み)

ULTRA S800

設計施工単価 1㎡あたり 23,500円(材料費・施工費込み)

その他|各種メーカー

世界中のメーカーからお取り寄せ可能です。

詳しくは、コチラからお気軽にお問合せ下さい。