【比較】防犯ガラス VS 防犯フィルム

失敗しない窓の防犯対策! 空き巣などの防犯対策を考える場合、弱点になるのは主にガラスの部分です。もちろん、窓枠も、外されるなどの形で侵入を許すことはありますが、空き巣の多くは、窓ガラスを割るか切るかして鍵を外す手口で侵入してきます。そのため、割ったり切ったりされにくい窓ガラスにすることが防犯性を高めることにつながります。

自宅の防犯対策、どこまでしていますか?「窓も閉めて、鍵もかけて外出したのに!」帰宅すると窓ガラスが割られて空き巣被害に・・・。
玄関や勝手口は意識しても、窓はあまり意識されていない方が多いのではないでしょうか?空き巣のほとんどが、窓から侵入することが多いのです。空き巣に入られないためには、窓の防犯対策がとても重要で大切です。

空き巣対策に有効!最強の防犯フィルム

【防犯対策】空き巣の侵入手口を知ろう

空き巣は、戸締りしていない窓や出入り口を探して侵入することもありますが、戸締りしてある窓から侵入することもあります。物音を立てず静かに、しかも簡単に窓ガラスを割れる方法を熟知しています。しかも驚くことに6割が窓からの侵入というデータがあります。では、空き巣の侵入手口について紹介します。

① 突き破り

使う道具:アイスピック(先の尖ったもの)

アイスピック(先の尖ったもの)先の尖ったアイスピックなどでクレセント(錠部分)のガラスに小さな穴を開け、そのままアイスピックを差し込んで、クレセント(鍵部分)を突き倒します。

② 焼き破り

使う道具:ガスバーナー

窓ガラスにガスバーナーやライターなどを当てて熱します。熱せられた窓ガラスに水をかけると、急激な温度の変化によって簡単に窓ガラスが割れてしまいます。ガラスは温度差に弱いので、その性質を利用した破壊方法です。こじ破りと同じく道具が小さく、目立たず簡単に窓ガラスを割ることが可能です。ガラスが割れた時の音ががほとんどありませんので周囲に気づかれにくく、被害が急増しています。

③ こじ破り

使う道具:マイナスドライバー

窓の枠とガラスの間にドライバーなど鋭利な物を差し込むと、簡単にガラスにヒビが入ります。3か所ほど同じようにするだけで綺麗にガラスに穴が開きます(三角割り)。この方法だと10秒以内でガラスを割って、クレセント錠(鍵部)が解錠することが可能です。こじ破りは日本の空き巣犯(泥棒)が使用するガラス破りの中では最もスタンダードな方法です。短時間で音も静かにガラスを破ることが可能です。

突き破り・焼き破り・こじ破り、この3つが主な空き巣の手口です。どれもほとんど音がでず、破壊力も小さいので誰にも気づかれずにガラスを割ることが可能です。

【防犯対策】3つのポイント

空き巣犯(泥棒)の特徴を観察すると空き巣犯たちが嫌うことがわかります。空き巣犯は短時間で、音を立てず、目立たないように犯行を行います。ですから、時間をかけさせて、大きな音がして、目立たせれば犯人は嫌がる訳です。空き巣犯たちは必ず下見をしているため、その時に、「ここは侵入に時間がかかりそうだ」「難しそうだ」と、感じさせる事が大切です。そう感じさせるには「時間」「音」「人の目」が重要となります。

  • 侵入するのに時間がかかる
  • 侵入したら音がする
  • 人の目につきやすい

この3つのポイントを被害に遭う前に、もう一度よく見直してみましょう。

実際、犯行に5分以上時間がかかると70%の犯人が侵入を諦めると言われています。10分以上ならば90%にまで確率が上がります。

【実は】防犯効果のないガラス

・網入りガラスは防犯ガラスではない!

今、お使いのガラスは針金が入っている網入りガラスだから安心していませんか?針金が入っているため割れにくいと誤解している人が多いようです。この針金は、もし窓が割れた場合に、飛び散らないようにする効果がありますが、強度は普通の窓ガラスと変わりません。割る時に音が小さいという特徴もあるため、むしろ狙われやすい窓ガラスといえるでしょう。

 一枚ガラスはもちろんのこと、ペアガラスも防犯性が高いと勘違いされやすい窓ガラスです。ペアガラスは、結露の防止や熱効率向上には役立ちますが、特に強度が高いわけではありません。そのため、空き巣にとっては普通の窓ガラスとなんら変わらないと認識されるでしょう。

一枚ガラスと網入板ガラスをバールで叩いた実験結果をみると、どちらも簡単にクレセントを回せる穴が開いてしまいました。

・強化ガラスは防犯ガラスではない!

強化ガラスは名前だけ聞くと、強そうで割れにくく防犯性があるように思われがちですが、こちらも防犯には不向きなのです。一般的なフロートガラスと比較すると約3〜5倍程強度がありますが、衝撃には強いですが、一点攻撃にはかなり弱くガラス全体が粉々に割れてしまう特徴があります。 割れた破片は鋭利ではなく、粒状になるため防災性には優れていますが、防犯性はないのです。

一般的な窓(フロートガラス)、網入りガラス、すりガラス、板ガラスなどを割るには、数秒で割られてしまうため、空き巣犯(泥棒)には好都合で、破壊は簡単でしょう。

窓ガラスに防犯性を持たせる方法

  • 防犯ガラスに変えて、防犯性能を強化する方法
  • 今の窓ガラスに防犯フィルムを貼り防犯性能を強化する

この2点です。

防犯ガラスと防犯フィルムどちらがいいの?

どちらの方がいいのでしょうか?こちらではそれぞれの特徴から比較していきます。

防犯ガラスの特徴

防犯ガラスは二枚のガラスの間に強靭で厚さのある特殊樹脂中間膜やポリカーボネート板を挟み込み、加熱圧着加工を施したガラスのことです。強い衝撃に耐えることができるため割れにくく、割れても穴が開かず貫通しにくい構造になっています。普通のガラス(フロートガラス)に比べると、防犯ガラスの強度は同じ厚さの6倍以上、強化ガラスと比較しても2倍以上にもなります。ガラスが割れた場合粘着効果のある中間膜によって破片が周囲に飛び散らず窓枠からも割れ落ちず、災害時の二次被害を防ぐこともできるため防災性にも優れています。

・ガラスが割れても、貫通しにくい 空き巣や泥棒が窓ガラスを割って建物に侵入しようとするうちの7割は、侵入に5分以上時間がかかると諦めてしまいます。 そのため簡単に割れずに穴を開けるのに時間がかかる防犯ガラスを採用することで、犯罪者に狙われにくい防犯効果の高い窓にすることが可能です。

防犯フィルムの特徴

防犯フィルムは、窓ガラスを替えなくても防犯性能を加えることができます。ですので、既存の窓ガラスに施工をしてしますと、防犯ガラスと同じ効果を持つことが可能です。

防犯ガラスに交換すると費用と手間がかかってしまいます。防犯フィルムであれば現状の窓ガラスに貼るだけなので、比較的安い費用で手軽に防犯対策が可能です。

また、窓に防犯フィルムを貼っておけば、地震や台風などの災害でガラスが割れても飛散しません。ガラスを踏んでしまって怪我をする二次災害を防ぐことが可能です。

防犯フィルムにはさまざまな種類があり、UVカット機能があり、また虫除け効果のあるタイプもあり、防犯性能だけでなく普段の生活に役立つ効果も得られます。

防犯ガラス・防犯フィルム比較表

  防犯ガラス 防犯フィルム
防犯性能
耐久年数 20年 10~15年
後から貼れるか 貼れない/ガラス交換 既存の窓に貼れる

防犯ガラスのメリット

  • 耐久年数が20年と長い
  • 工場製品なので現場施工者の技術力は関係ない

防犯ガラスのデメリット

  • 窓ガラス自体を交換する必要がある
  • 防犯フィルムに比べ費用が2〜4倍と高額
  • 災害時、ガラスを割ることができないため避難ができない

防犯フィルムのメリット

  • 防犯ガラスに比べ費用が安い
  • 既存のガラスに貼ることが可能
  • 高機能(フィルムの種類が多い)

防犯フィルムのデメリット

  • 15年に一度貼り替えが必要(劣化した場合)
  • 技能者のみ施工ができない

【比較】施工価格3社を徹底比較

  防犯ガラス 防犯フィルム
A社ガラス屋 59,000円
B社ガラス屋 (フィルム施工可) 73,800円 27,500円
フィルム専門店 マーメイド  18,000円

【まとめ】

今回は防犯ガラスと防犯フイルムの比較をしました。

  • 防犯ガラスは耐久年数が長い
  • 防犯フィルムは防犯ガラスに比べて2~4分の1のコストで済む

 

空き巣対策に有効!最強の防犯対策