【実例】新築マンションに窓ガラスフィルムを貼ってみた

新築マンションにて入居前に【紫外線対策】と【暑さ対策】を行った実例です。
左側の窓ガラスにはまだフィルムを貼付していません。
– フィルムの種類:透明遮熱フィルム
– ガラス枚数:4枚
– 紫外線:99%カット
– 日射熱:約45%カット
– 金額:71,000円
今回施工したフィルムは透明遮熱フィルムになります。
比較しても透明なので、貼っているか全く分かりませんね。

フィルムの特徴

今回使用したフィルムは窓ガラスから熱の流入を軽減する、透明遮熱フィルムです。
遮熱性能を有したまま、より透明度を重視したフィルム
透明度を重視しているため、眺望・景観を損なわない
飛散防止、UVカット、遮熱など多数の機能を有している
JIS A 5759適合製品

■冷房の効きが違う!

 

金属層が日射を反射・吸収し、効率よく熱を遮熱することが可能なので、

省エネ効果で節電にも貢献してくれます。

■有害な紫外線は99%カット!

シミやシワなどの原因となる紫外線をカットしてくれます。
また家具や床などの日焼けによる変色・劣化も軽減しますよ。

■安全対策にも!

台風や突風による飛来物や地震の衝撃などで破壊されたガラス破片の飛び散りを防止してくれます。
また、衝突事故の際には、割れたガラス破片による思わぬ怪我を防ぐことも可能なので、万が一に備えて安心ですね。

■透明度が高い!

透明度が高く、明るさの基である「可視光線」を多く室内に取り入れられるため、景観を損ねません。
こちらの商品は金属膜を利用している為、室内は透明ですが、
日中外からは若干ゴールド調に反射している為、プライベート対策にもいいですね。