窓まわり商品の選び方!メリットデメリット比較してみた

「窓まわり商品が欲しいけど、何を基準に選べばいいのか分からない。」

価格や見た目が1番気になる部分かもしれませんが、製品にはメリット・デメリットがあり向き不向きの場所もさまざまです。取り付け後、「失敗した」「違うやつにすればよかった」という声もよく耳にします。

そんなあなたの為に窓まわり商品の選び方と、各製品の特長&おすすめ設置場所をご紹介します。窓まわりの商品の選び方商品を選ぶときは以下の6つを中心に見てみましょう。

  • 価格
  • プライバシー対策(視線のシャットアウト)
  • 遮光性
  • 断熱性
  • 防音性
  • デザイン

一番重要なのが、窓周りに「何を求めるか」です。

例えば、

  • 圧迫感のない部屋にしたい → デザイン
  • 冷房・暖房を効率よく使いたい → 断熱性

など、ポイントがさまざまです。

それを踏まえて順番に窓まわりの商品の特徴を見ていきましょう。

カーテン

カーテンは大きくわけて「ドレープカーテン」と「レースカーテン」の2種類に分類されます。

  • ドレープカーテン:厚手生地のカーテン
  • レースカーテン:薄手で透け感がある生地のカーテン

メリット

  • 横開きなので、サイズが大きくても操作が楽
  • レースで視線・光が調整できる
  • 断熱性に優れている
  • カラー・柄が豊富

デメリット

  • カーテンレールやカーテンフックなど、付属品が多くコストがかかる
  • 開けると窓の横に布が集まり邪魔になる
  • 部屋の内外のほこりや、手垢、カビが生えたり、布製品の為汚れやすい
  • 洗濯が必要

ブラインド

羽の角度を変えることで光や視線が調整できるブラインド

操作方法とひと口に言っても「コードがついているタイプ」「スティックがついているタイプ」「リモコンで操作するタイプ」など色々あり、それによってブラインドの昇降やスラット(羽根)の角度調整の方法は異なります。

メリット

  • スタイリッシュで、おしゃれ
  • 光・視線の調整が可能
  • 価格にレールなどの付属品が含まれているので案外安い

デメリット

  • 掃き出し窓だと出入りしにくい
  • ホコリが溜まりやすく、掃除が大変
  • 風にあおられて「カタカタ」音がする
  • 断熱・遮光性に欠ける

窓フィルム

デザイン性と機能性を兼ね備えたガラスフィルム。近年流行しています。

メリット

  • 並外れた機能性と装飾性が豊富で多彩
  • ランニングコストがかからず省エネ対策できる
  • 安価にガラスに付加価値を付けれる

デメリット

  • 貼るのに高度な技術を要するフィルムもある
  • 透明度の低いガラスフィルムを窓全面に貼ると、外の様子・景色が伺えない
  • 熱割れすることがある

ベストなものを選ぼう!

今回紹介した窓まわりの商品は、

  • カーテン
  • ブラインド
  • 窓フィルム

の3種類でした。そのほかにも室外に取り付ける「すだれ」などがあります。

窓まわり商品を選ぶときは、窓周りの商品のもつ特徴を知り、昨日や使いやすさを最大限に活かせるような選択をしてみてください!