【窓ガラスにガムテープは意味がない?!】台風対策に最も効果的な方法はこれ

夏から秋にかけて毎年頻繁に発生する台風。強風はさまざまな被害をもたらしますが、中でも気をつけたいのが台風で窓ガラスが割れることです。
窓ガラスは風力で割れるのではなく、飛来物が原因で割れてしまうことがほとんどです。シャッターや雨戸があれば防ぐこともできるが、どのような台風対策を取ればいいのだろうと悩む方も多いでしょう。
SNSを中心に注目されている窓ガラスへの備え。それは窓ガラスにバツ印、または「米」の字のように養生テープを貼ることで強風により窓ガラスが割れてしまうのを防いでくれるということです。
台風時には養生テープやガムテープが一時品薄になるほど、大きな反響を呼んびましたが、この「窓ガラスに養生テープ、ガムテープを貼るだけ」という備えは、現在も有効なのだろうか? また台風対策として、どんなことをやるべきなのか? を今回ご紹介します。

「窓ガラスにガムテープ」で、ガラスは割れなくなる?

台風対策として、ガムテープでガラスが割れるのを防ぐことはできません。
また、これまで「ガラスの飛散防止に多少の効果があるのでは?」と言われてきましたが、近年の大型化する台風を想定した試験では、養生テープを貼っていたとしても飛来物が衝突するとガラスが割れ、その破片が室内に飛散してしまうことが確認されています。

窓ガラスへの対策どうすればいいの?

窓ガラスに飛散防止フィルムを使用する対策です。飛散防止フィルムは、ガラスが割れても破片が飛び散らず、フィルムにくっついて被害を最小限に抑える効果があります。
近年ではホームセンターなどで購入ができますが、飛散防止対策効果JIS規格の通っていないものもあるので、飛散防止フィルム専門店(窓ガラスフィルム専門店)などで直接頼むのが一番安心です。

効果がわかる実験動画

フィルムと養生テープの飛散防止実験動画がありますのでご覧ください。
実験を行ったのは日本トップのフィルムメーカーである3M社です。実験は台風時の飛来物が当たることを想定したものです。
【使用製品】
・フィルムは3M社製飛散防止フィルム「SH4CLAR」で厚みは100μm。*通常の飛散防止フィルムの倍厚
・養生テープは市販の容易に購入できる商品を使用しよく見かける「米」の形で貼り付け
【動画内容】
①フィルムを貼っていないガラス、②養生テープで補強、③フィルムを貼ったガラスに、来物が衝突したときの比較実験動画。
いかがでしょうか。
どちらの対策でも窓ガラスは割れることがわかりました。しかし、飛散防止フィルムだとガラス片が飛び散らずにサッシに保持されたままです。
この性能は日本産業規格(JIS A 5759)に明確に基準が設けられ、JISの基準を満たし、実験にて性能が証明されたフィルムだけが、「JIS飛散防止フィルム」として名乗れます。
 一方の養生テープですが、盛大にガラスが飛散しました。しかも本来はサッシに残るはずのガラス破片なども養生テープに引っ張られ脱落しています。

ペアガラスって強くないって本当?

近年の窓は断熱性を高めるためにほぼペアガラスが設置されています。これはサッシ1枠にガラスが2枚はまっている窓のことですが、単純に割れる量も2倍になるので危険性が増しています。
「ペアガラスだから強い」と言われるお客様もおられますが、単体のガラスをペアガラスにしても、はっきり言えば何層に構成しても強さは変わりませんし、衝撃に対する脆弱性はそのままです。ですのでフィルムを貼ることで防災対策をすることは大変に有効です。

 最近増えている”吹き抜け窓”が危険

一番台風対策をしておきたい窓、それは吹き抜け部です。
吹き抜けに使用する窓ガラスは一般的にフロートガラスと呼ばれ、モノが当たるなどの打撃で破損した場合、割れた断面が鋭利な刃物のようになり下に降りかかります。
安全だと思っていた窓ガラスが一瞬にして危険な凶器に変身することが一番怖いところだと思います。また破損した場合、高所作業となるためガラス屋さんもすぐに対応できないことが多くあり、数日間危険な状態のまま過ごすことがあります。