【歯医者さん必見】窓ガラスにある工夫をすると増患アップにつながるって本当?!

歯科クリニック、接骨院など道路側ガラスでよく見る全面ガラスの施術室や待合室。
歯科医院や接骨院を運営している方の多くが明るいイメージを作りたいと思っているのではないでしょうか。実際に患者さんは明るくて綺麗な歯医者さんや接骨院を選ぶ傾向があります。
ですが、多くの方が外観をみて、思っていたより暗い印象を受けている方が多いのでは無いでしょうか。
今回は窓ガラスを利用して増患につながる明るい外観、印象を与える方法をご紹介します。

”第一印象”の重要性

突然ですが、暗い印象のクリニックと明るい印象のクリニック、どちらに通いたくなるでしょうか。もちろん大半の方が第一印象が良いのは明るいクリニックではないでしょうか。
信頼できると思えるクリニックを選ぶ基準は患者さん自身さまざまですが、歯科医院やクリニックは第一印象は無意識に起こる非常に大きな影響を与える要素なのです。
では、暗い印象を与える原因はなにか、またどのように改善すればいいのかをご紹介します。

外観の明るさが重要

外観が暗いなと感じる場合は、まずガラス面に注目して下さい。ガラス面で第一印象が暗くなるパターンがあります。
夜は中がよく見えて明るいから気にならない方が多いガラス面ですが、昼間の状態を確認したことはありますか?
クリニックの立地によって異なりますが、ガラス面は昼間反射して周りの風景が映り込みます。多くの方が、ガラス面は明るいと思っていますが、それは誤解です。
昼間じっくりクリニックを観察してみると、ガラス面は真っ暗になっている事に気が付きます。
夜のように「院内の方が明るい状態」であれば中の様子が見えますが、昼間は外の方が明るくなりますので、中の様子が見えにくくなり、どことなく暗い印象をあたえてしまいます。
道路に面している待合室のガラスや、ビルの窓ガラスなど、窓ガラスに何もしていないとこのようなケースに陥ります。

外から中の様子は少しでも見えた方がいいって本当?!

外から中が全く見えないと患者さんは不安になります。
特に外に面している部分が全面ガラスのクリニックの場合、中の様子が見えないと「中はどんなのだろう」と疑問に思ってしまいます。
知人から「良いクリニックだよ」、と聞いていても全く中が見えない外観だと中に入るのに少しためらってしまいます。
あなたも、入る前にお店の中が「どんなところか少しでも見たい」「どんな雰囲気なのか知りたい」そんな気持ちになりませんか?

院内がすべて見えてしまうのもNGなの?!

院内の中が全部見えている状態だと、通行人などと目があって中にいる人たちや待っている患者さんや働いているスタッフは居心地が悪くなってしまいます。
ですので中を見せる部分や隠した方がいい部分などを決める必要があります。

目隠しだけではない効果

窓ガラスフィルムは単にプライバシー対策のためだけに貼るものだと思っていませんか?
実は窓ガラスフィルムは印象を明るくするという目的やプライバシー対策で活用することが可能ですし、窓際の暑さ対策や紫外線でソファーやお肌の日焼けを防ぐことも可能です。
外観の明るさを考えたデザインにすると来院される患者様や通行人に安心感、信頼感を印象づけれるのではないでしょうか。