【効果抜群】部屋の暑さは窓が原因?!遮熱方法をご紹介

「家の中がムワッと暑い!」

あなたはどうやってお部屋を涼しくしていますか?

部屋の窓を閉め切ってエアコンをつけるのが、一番手っ取り早いですが、 電気代のことを考えると少しためらってしまいますよね。 また、エアコンをつけっぱなしで生活をしていると、体がなんだかだるくなります。

「エアコンの温度を下げずに、なんとかできないの?」

というあなたに知って欲しいのがフィルムを使った暑さ対策です。 窓ガラスに貼るだけで、窓際の温度を下げることができます。

ここでは、部屋の暑さ対策に効果的な窓周りの商品の選び方と、おすすめのフィルムをご紹介! 今年はエアコンの温度下げすぎずに夏を過ごしてみませんか?

窓(開口部)から73%熱が入ってきます。

部屋が暑くなる原因

  • 太陽の熱が入ってくる
  • 家の構造(2階建て・最上階)
  • 室内の電化製品からの熱

などが考えられます。

その中でも対策できるのが外から入ってくる熱を防ぐことです。夏、冷房時に外から入り込む熱の空気は、家の全体の約73%が窓・ドアからなのです。

出典元:(一社)日本建材・住宅設備産業協会(2019年3月時点)

こちらは夏場に家の中に入ってくる外気の熱の割合を示したものです。一目瞭然ですよね。実に家の中へ侵入してくる熱の約73%が開口部(窓)から入ってきてしまうのです。壁や屋根などと比較しても、圧倒的に高い割合です。また、家具やカーテンなどの色褪せの原因となる紫外線も開口部(窓)から家の中に侵入してきます。

ですので、夏の暑さ対策として一番効果的なのが、窓に対策を行うのが効果的です。

窓の暑さ対策

■窓からの直射日光を遮る

ベランダの大きな窓や直射日光が当たりやすい窓には、直射日光が入らないように工夫が必要なのです。

窓周り商品を利用する

  • カーテン
  • すだれ
  • ブラインド
  • 窓フィルム

窓にはこのような暑さ対策ができるアイテムが利用できます。

関連:窓周りの商品の選び方

窓まわりの商品は「遮熱」に注目

多くの人は、窓にブラインドやカーテンを取り付けていると思います。それだけでも暑さ対策にはなりますが、遮熱や断熱性能に優れたものを使うともっと効果的です。

遮熱とは

遮熱とは、熱の放射を光の反射によって遮蔽する働き、つまりは温度の上昇を防ぐことです。夏に窓から差し込んだ光が室内のブラインドに当たり続ければ、当然ブラインドの温度は高くなります。その熱が室内に放たれてしまうと、部屋はどんどん蒸し暑くなります。そこで需要なのが遮熱です。窓ガラスに遮熱フィルムを貼るだけで、紫外線や太陽光の熱をカットしてくれます。

遮熱性能に優れている窓まわりの商品は、

遮熱カーテン
遮熱ブラインド
遮熱ロールスクリーン
遮熱フィルム

などがあります。

その中でも、窓と商品に隙間ができない、遮熱フィルムが一番効果的です。 窓ガラス自体に直接貼り付け、高音になりがちな窓際の温度を最大10度下げることができます。 また、エアコンの設定温度を約2~3℃あげても快適な空間を作り、夏場の空調費を約30%カットし、通年で役20%もカットできます。

遮熱フィルム

 

遮熱(日射調整)フィルムとは、樹脂透明フィルムの表面に薄膜を積層したフィルムで、窓用に使われるものは、窓の内側もしくは外側から貼り付けることで、特定の波長域の光をカットしたり、透過させたりするものです。

遮熱フィルムは日射熱をカットして空調負荷を軽減し、窓際の暑さを和らげます。

建物の構造のうち、もっとも熱の出入りが大きい場所は窓です。窓から入る直射日光や照り返し、部屋の奥まで差し込む西日などにより室温が上昇しますが、遮熱フィルムを利用すると、日射熱を大幅にカットして熱が室内に入り込むのを効率よく防ぎます。冷房効率がアップするので省エネにも効果的。さらに、有害な紫外線(UV)を99%以上カットします(一部製品を除く)。

薄く平滑で透明感のあるフィルムなので、ガラス窓の解放感を損なわず、建築物の窓ガラス・ガラス外壁・ガラス天井など、日射の影響を受けやすい位置にある様々なガラスに活用できます。

遮熱フィルムの種類

遮熱フィルムには大きく分けて2種類あります。

ミラー遮熱フィルム

マジックミラーフィルムで日射を反射・九州、遮熱効果が高いフィルム

マジックミラー効果で視線をカット
ガラスが割れても破片が飛び散らない(飛散防止効果)
日光を反射し高い遮熱効果 UV(紫外線)99%カットの高機能フィルム
キズがつきにくい「ハードコート」加工付き

※マジックミラーとは…明るい側から暗い側は透視できない が、その逆は可能な鏡のこと。
<「大辞林 第二版」より> 

透明遮熱フィルム

透明で省エネ効果のある遮熱フィルム

日射を反射・吸収する遮熱フィルム
透明ですが有害なUV(紫外線)を99%カットする高機能なフィルム
ガラスが割れても破片が飛び散らない(飛散防止効果)
キズがつきにくい「ハードコート」加工付き

マンションなど夜景を楽しむ方には、透明遮熱フィルムが向いてます。
(反射があると夜間の場合光の入りが逆転する為、自分の姿が映ってしまいます)