目的別|窓ガラスフィルム

日ざしがきつくて
エアコンの効きが悪い
光を入れたいけど
紫外線が気になる
災害時に
ガラスが割れないように
空き巣から
家を守りたい

窓ガラスフィルムの効果

窓にガラスフィルムには、日射調整機能、目隠し効果、意匠性、防犯効果や安全対策、紫外線カットの効果があります。
たった1枚窓に貼るだけで、お部屋の環境が劇的に改善されます。現在では、官公庁施設や公共交通機関、教育機関、船舶、商業施設、一般家庭など様々な建築物に採用されています。

紫外線カット

通常のガラスはでは、紫外線をカットすることがデキません。窓から差し込む紫外線が、デリケートな肌や家具・フローリングなどを劣化させていきます。そこで、窓ガラスフィルムを貼ることで紫外線を99%以上カットし、日焼け対策や家具やフローリングの色あせを抑えます。

飛散防止

台風や災害時、思わぬ衝突などで窓ガラスは簡単に破壊されます。窓ガラスフィルムを貼付することでガラス破片による、ケガなどの二次災害を防ぎます。台風や地震などの災害時にも安心してすごすことができます。窓に衝突した場合もガラスの飛散を防止するので、小さなお子様がいる家庭でも安心です。

遮熱効果

部屋の温度があがる原因は約73%が窓などの開口部です。窓から差し込む日射が部屋の温度を上昇させ、クーラーの効き目を悪くします。そこで、窓に遮熱効果のある窓ガラスフィルムを貼付することで、太陽からの日射を軽減し部屋の温度上昇を防ぎます。エアコンの効率も上がるので、空調費の削減につながります。

断熱効果

冬場の部屋の暖かさは、約58%が窓などの開口部から流出しています。暖房でいくら部屋を暖めても半分以上は開口部から流れています。そこで、窓に断熱効果のある窓ガラスフィルムを貼付することで、室内の暖かさを外に逃がしにくくします。暖房の負担を軽減し、省エネにも役立ちます。

目隠し効果

透明な窓は部屋の中が丸見えです。そこで目隠し効果のある窓ガラスフィルムなら、少し見えなくしたり完全に見えなくする等、室内のプライバシーを保護します。目隠し効果のある窓ガラスフィルムには、ミラーフィルム、フロスト・マットフィルム、グラデーションフィルムなどがあります。透明度が高い窓ガラスフィルムなら、ガラス窓の開放感を損なうことなくプライバシーを守れます。

デザイン効果

デザイン性のある窓ガラスフィルムなら、窓を装飾しおしゃれに演出することが可能です。和柄、ドット、ストライプ、グラデーションなど、様々な種類があり、部屋や店の雰囲気に合わせて選択可能。

防犯対策

警察庁のデータによると、空き巣などの侵入者の約60%が窓からの侵入です。防犯効果のある窓ガラスフィルなら、窓の耐久性を強化し空き巣などの侵入者を防ぎます。ハンマーやバットでたたいても容易に貫通しません。警察庁の認定を受けたCPマーク付もあります。

 

窓のお悩み、ご相談ください

建物の窓ガラスの多くは、無色透明・厚さ3㎜~6㎜の型板ガラス(フロートガラス)です。型板ガラスは耐久性や機能性が低く太陽光線を透過しわずかな衝撃でかんたんに破壊されます。型板ガラスの様な機能性が低いガラスは「夏場は暑く」「冬場は寒い」、災害時は「飛散したガラス破片による二次災害」など引き起こします。そんな低機能のガラスでも窓ガラスフィルムを貼付することで、機能性が飛躍的に高まります。

マーメイドは「60家(ロワヤ)」の活動を応援しています。

 NPO法人|動物愛護福祉協会「60家(ロワヤ)」について

 

支援事業「ニャンとも安心。ひなたぼっこフィルム」